軽井沢で建築を検討中なら!別荘を建てる際のおすすめのエリアとは

各エリアの特徴を把握しよう!軽井沢で人気の別荘地とは

軽井沢で別荘を建築するにあたり、どのエリアにしようか悩む方も多いでしょう。別荘を建てる際の主なエリアとして、中軽井沢・信濃追分・南軽井沢・旧軽井沢・新軽井沢などがあります。

事前にチェック!軽井沢で別荘を建てる際のおすすめのエリア

別荘におすすめのエリアについて

有名な別荘地である長野県軽井沢町。軽井沢といっても、「別荘向け」「移住(定住)向け」「別荘・移住向け」に大別されます。

別荘地・移住地として人気の高い軽井沢町の中でも、特におすすめのエリアはどこなのでしょうか。求める要望によってもおすすめのエリアは違ってきます。

ここでは、要望別で見たおすすめのエリアを見ていきましょう。

大自然と利便性のどちらも求めるなら「中軽井沢エリア」

軽井沢の中間に位置し、北側は千ヶ滝や浅間山、星野温泉など日本屈指の大自然が集まる観光地で、南側は商業施設や公共施設が充実した生活感溢れるエリアです。地元住民も多く、移住して生活の場として選ぶ方も少なくありません。

大自然と利便性が融合したエリアを希望する方におすすめです。

豊かな自然の中でコストを抑えたいなら「信濃追分エリア」

豊かな自然の中でコストを抑えて別荘を建てたい方には、信濃追分エリアをおすすめします。坪単価の相場は5万円~8万円ほどで、高くても10万円程度です。

生活圏としては軽井沢町の中心から離れているものの、豊かな自然が広がる信濃追分エリアは軽井沢駅まで車で約20分、佐久市や小諸市へのアクセスもよいためそれほど生活に困りません。

大自然の中で様々なレジャーを身近に楽しみたいなら「南軽井沢エリア」

平野が広がる南軽井沢エリアには、ゴルフ場やテニス場、サイクリングコースなどレジャースポットが集結しており、大自然に囲まれた環境の中でアウトドア・レジャーを楽しめます。スポーツやアウトドアを気軽に楽しみたい方に人気のエリアです。

由緒ある別荘地に建てたいなら「旧軽井沢エリア」

最も知名度が高く“軽井沢らしい”エリアといえば、旧軽井沢です。軽井沢ならではの観光地の近くに移住したい、歴史の古い由緒あるエリアに別荘を建てたい方におすすめです。軽井沢のメインストリートである「旧軽井沢銀座通り」は、多くの商業施設や飲食店で賑わっています。利便性の高い商業地と美しい自然に恵まれた別荘地が両立しているため、別荘やセカンドハウスとして人気です。

閑静な別荘地でありながら利便性を求めるなら「南ヶ丘・南原エリア」

南ヶ丘・南原も格式が高く由緒あるエリアです。旧軽井沢エリアに次いで格式のある高級なイメージが強いですが、軽井沢駅へのアクセスもよく、豊かな自然環境が残っているため、別荘や2拠点居住にもぴったりのエリアです。

都会的な街並み・利便性を求めるなら「新軽井沢エリア」

軽井沢駅を中心に広がる新軽井沢エリアは、駅周辺に大型ショッピングセンターやカフェなどが立ち並び、都会的な街並みが特徴です。北陸新幹線の開通により、東京までわずか約7、80分で行くことができます。都心と軽井沢の2拠点を定期的に行き来したい方にも人気です。

暮らしのイメージに合ったエリア探しをサポート!軽井沢で別荘を建築するなら

別荘建築について説明を行う人物

軽井沢で別荘・住宅を建てたいが、どのエリアを選べばよいのかよくわからない方も多いのではないでしょうか。上記でご紹介した人気エリアを参考にしながら、理想のイメージや要望と照らし合わせて最適なエリアを選びましょう。

株式会社one itでは、軽井沢での過ごし方を丁寧にヒアリングし、ご要望に適したエリア・建築プランをご提案いたします。軽井沢の別荘建築を成功させるために最も大切なこと、それは“価値観”の共有です。

「建主の理想とする軽井沢暮らしを想像し、いかに寄り添えるか」をコンセプトとし、物質的な豊かさだけでなく、心豊かに暮らすための家づくりをお手伝いさせていただきます。軽井沢で別荘建築をお考えの際は、株式会社one itへぜひご相談ください。

軽井沢で別荘建築をお考えの方は株式会社one itへ

会社名 株式会社one it
代表取締役 市川 広史
住所 〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉586−3
資本金 3,000,000円
許可等 一級建築士事務所登録 長野県知事登録 (佐久)A第43131号
建設業許可 長野県知事許可(般-1)第25896号
TEL 0267-48-6459
FAX 0267-48-6459
mail info@oneit.co.jp
URL https://oneit.co.jp/