「薪活(まきかつ)」しよう!

軽井沢町の貯木場

「薪活(まきかつ)」という言葉をご存知でしょうか。
薪を集める活動を総称して薪活といいます。

軽井沢暮らしでは薪ストーブは暖房器具ですあり、暮らしの楽しみの一つでもあります。
ストーブの前で炎を眺めながらお酒を飲んだり、読書をしたり。そして遠赤外線による輻射熱の効果で心も体も、そして家も芯から温まりますので住宅の場合もすすめです。

軽井沢では年間の半分は暖房期間となります。別荘であれば薪の購入費用はそれほどでもありませんが、住宅の場合は年間10万円程度かかることもあります。

そこで「薪活」の出番です。
軽井沢町には町が運営する貯木場があり、町民であれば無料で丸太を入手することができます。この、薪活には薪を無料で入手できるという利点だけでなく、お金の掛からないエクササイズという意味もあり、一石二鳥のすばらいし活動です。

薪活に必要な道具はこちらです。

・運搬するための車
玉切りしたものを運ぶので乗用車でもOKです。

・チェーンソー
丸太を玉切りするために使います。

・斧
玉切りした丸太を割って薪にします。
広葉樹は手斧でも気持ちよく割ることができますが、節の多いカラマツなどはなかなか割れないこともありますので、その場合は薪割り機を利用します。

チェーンソーと斧を買っても5万円程度ですのでぜひ、チャレンジしてみてください。
薪活はやってみると、なぜか夢中になってしまう魅力がありますよ。

>>軽井沢町の貯木場についてはこちら